<< 土下座 | main | 微妙なテンション >>

どうしよう。2

 諦めきれなくて。
 それでも、『一度きり』の約束を反故にさせる手段もなくて。
 ナミさんやロビンちゃんのような麗しいレディとの会話も、心を癒してはくれるけれど、身体の欲を慰めてはくれない。



 島に着くと、俺はすぐに街へ向かい、行きずりのレディに声をかけた。
 ナンパはあっさりと成功、彼女の気に入りのカフェでしばしティータイムを楽しむことになった。


 ゾロとは、あの夜からまともに会話も交わしていない。それどころか、目も合わせてはいなかった。
 ゾロのほうはどうか判らない。俺が、一方的に避けているのだ。
 視線が合えば、声を聞けば、触れてしまいたくなる。だから。


 目の前で微笑むレディは、ナミさんやロビンちゃんにも劣らぬ極上の美女。
 なのに俺の頭の中は、こうして彼女と話している間も、あの緑髪の剣士のことばかり。


「ねェ――これから、どうする?」
 彼女がさりげなく、俺の手に白く繊細なその手を重ねる。
 笑みを返そうとして――――俺は、目を瞠った。


 たった今カフェに入って来た、ひとりの男。きょろきょろと何かを探すように店内を見回し、そうして俺に気づく。
 ぎっと睨みつけてきたその男は、すぐに大股でこちらへ近づいてきた。


 天然の迷子が、なぜこんな所へ。酒屋を探して、迷い込んだのだろうか。
 だが、俺を見てる。毅い瞳。俺が惹かれた――――


「一度でいい、ってのは、一度やりゃもうどうでもいいってことか。なるほどな」
「……え、」
「判ってたはずなのに……てめェなんぞに絆されてやった俺が、大バカ野郎だ!」


 ゾロは言いたいだけ言って、くるりと踵を返した。振り返らない見慣れた背中が、一瞬、震えたと思ったのは俺の気のせい?
 あの言葉は、酒屋じゃなく、俺を探していたってことなのか。
 一度きりだと念を押したのは、ゾロのほうだったのに。
 絆されたって――俺は、諦めなくていいの……?


「なァに、今の? あなたの知り合い?」
「――――ごめんね、レディ」
 俺はにっこりと笑って、不思議そうにしている彼女に言った。



「俺のかわいこちゃんのご機嫌とらなきゃだから。この後の予定はキャンセルしていいかな」




 彼女からは渾身のビンタをいただいた。当然だ。


----------------------------------------------
今更何だって感じの、続きです。
いきなり浮かんできたので、更新もないことだし、と。
続きは、書くかどうか判りません。
toubaikan * サンゾロSSS * 00:03 * - * - * pookmark
このページの先頭へ